皮膚科では爪水虫には「ラミシール」

皮膚科で使われる水虫を治すための薬

皮膚科で使われている薬としては、ラミシールがもっともスタンダードで使われています。この薬は抗真菌剤と呼ばれるもので水虫の原因である白癬菌の繁殖を抑えるというものです。一方で、水虫でも爪水虫のように皮膚の表面ではなく爪の中で発生する水虫に関しては飲み薬が処方されるケースもあります。

ただ飲み薬による抗真菌剤は副作用が大きいため爪水虫でも軽度であればラミシールが使われます。完全に完治させるには根気強く半年程度は毎日欠かさず塗り続ける必要があります。また塗り続けると同時に新しく水虫に感染しないように努力する必要があります。

一般的には乾燥させることで足を高温多湿の状態にしないことが重要です。また水虫に感染する人がいる場合にはその人とタオルを共用しないといったことが必要です。治療期間は半年から1年は必要ですが、皮膚科で処方してもらうためには、1ヶ月に1度は通院する必要があるなど忙しい人にとっては続けることが難しいケースもあります。

一方でドラッグストアなどで売られている市販薬の水虫薬でもラミシールと同じ効果がありますが、病院とは異なり保険がききませんので、完治するまでの費用の負担がかなり大きくなります。

 

しつこい爪水虫を治すには

水虫は薬だけでしか治らないというわけではありません。古くから多くの民間療法が考案されており、爪水虫を治すことにも可能です。基本的な考え方として清潔にするということで、除菌作用のあるものを利用するというものです。

知られるところでは、茶葉を利用したものでこれはカテキンによる除菌作用を期待するものです。また温泉でも水虫に効果があるというのは泉質や温度による殺菌作用を期待するもので、長時間の入浴で爪水虫にも期待できます。

一方で、これらの考えをより効率的に行えるようにしたものがつるりんマスターEXで通信販売で売られているもので価格も手頃に設定されています。つるりんマスターEXは、柿タンニンや茶エキス、ワレモコウ、シャクヤクエキスなど天然成分を詰め込んだもので除菌性のほか消臭性も兼ね備えており、足の臭いを抑えることもできます。

一方で薬成分として有効成分トルナフタートを使ったDr.Gs クリアネイルは水虫の薬になります。一般に病院では爪水虫には内服薬で対応しますが、Dr.Gs クリアネイルは、その治療が難しい爪水虫に対して高い効果があります。特に浸透性が強く副作用が出にくいのも大きな魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です