東京で入れ歯を入れるためのクリニックの選び方

入れ歯とは何か?その種類は?

入れ歯(義歯)とは、自分の歯がなくなった場所に入れる、人工の歯と歯茎が一体化したもので、取り外しが可能です。大きく分けて、総義歯と部分義歯があります。自分の歯が一本でも残っていたら、部分義歯になります。また材質の違いにより、レジン床(アクリル樹脂製)と金属床があります。レジン床は土台がアクリル樹脂製ですが、金属床は土台が金属で出来ていて、外から見える箇所に歯肉色のレジンと歯に相当する白い人工歯(レジン歯や陶歯)が使われます。

金属床は保険適応外の自由診療になりますから、ちょっと高額の費用が掛かります。最近では軽くて強度があるチタン床が主流になっています。金や白金を使う事もありますが、あまりにも高額なので症例数としては少ないです。これ以外にもアタッチメント義歯というものがあります。

部分義歯を固定する精密な装置が付いたもので、残っている自分の歯と義歯を強固に連結しますが、着脱が可能になっています。これも自由診療になりますから、かなり高額になるのと、残存している歯に被せモノをして固定装置を付けますから、その分の費用も掛かります。しかし、アタッチメントは固定性能が良いので、自分の歯のように噛めます。

 

東京で入れ歯を作る際のクリニックの選び方

東京で入れ歯を作る際、どの歯科クリニックを選べば良いのでしょうか?ポイントは二つあります。義歯や冠を作る専門分野の補綴学会会員で有り認定医である事、症例数が多く経験が豊富である事です。義歯を作る過程で重要な事は、精密な型どりと正確な噛み合わせ、機能的な設計、入れ歯の技工技術が高い、装着した際の調整や、その後のフォローがしっかりとしている事などが挙げられます。

入れたら終わりではありません。どんなに精巧に作っても、必ず微調整が必要となります。何度か調整を行い、その後一定期間を置いてリコールの案内をくれて調整をしてくれるクリニックが良い歯科医が入るところです。入れ歯(義歯)は、入れた人が一番分かっています。当たりが有って痛い、しっかりと噛めない、歯並びがおかしいなどの訴えが多いのも義歯の特徴ですが、そうした症状が出ないように調整をしっかりと行ってくれるクリニックを選ぶべきです。

価格が少し安いあるいは高いのはあまり考慮に入れるべきでは無いでしょう。義歯を使ってみて、食事が美味しく頂ける、そういう入れ歯を作ってくれるクリニックを選べば間違い有りません。安いからと入って適合しない歯を入れられたら最悪です。毎日食事の度に困ってしまいます。東京で義歯を作るのが上手という評判の歯科医を選ぶようにしましょう。

東京入れ歯のおすすめサイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です